[VBA] Visual Basic for Applications とは

[VBA] Visual Basic for Applications とは

これからVBAを学習していこうと考えている方々にとっては、まず「VBA」ってそもそも何なのか疑問に感じるところからがスタート地点だと思います。

「VBAって何?」

普通に疑問に思ってください。

そしてその疑問を解決していく過程がそのまま学習のプロセスへとつながっていきます。

まだ現時点でVBAのことは分からなくてもいいです。

  • 疑問に感じること
  • 疑問を調べて理解していくこと

VBAの学習はひたすらこれの繰り返しです。

難しそうと感じないでください。

まだ始まってませんから。

理解度の進捗は人それぞれですので、ゆっくりかみ砕いて自身のペースで理解を進めてください。


VBAとは何か?

VBAとは「Visual Basic for Applications」の略称です。

略称ですが、「Visual Basic for Applications」で覚えている人より、「VBA」の略称で覚えている人の方が圧倒的に多いです。

ではその「Visual Basic for Applications」というのは何なんですか?っていうのが今回の話の核心になりますね。

「Visual Basic for Applications」は長いので以後略称の「VBA」に統一します。

「VBA」はMicrosoft社が提供するOffice製品に搭載されたマクロ機能で操作できるプログラミング言語のことなんです。

Office製品といえば、Excel、Word、PowerPoint、Accessなどなど仕事上で当たり前のように使用されているアプリケーションで有名ですよね。

「VBA」はそれらのOffice製品上で様々な作業の自動化を定義することができるプログラミング言語のことです。

VBAはプログラミング言語だった

「げっ!?」

この時点で苦手意識を丸出しにする方がいますがまだ早いです。

世の中には多数のプログラミング言語が存在して、難易度の高い言語もあれば難易度の低い言語もあります。

今回の話題である「VBA」は難易度の低い部類に該当し、いきなり身構える必要はありませんのでご安心ください。

実は「VBA」とは別で「Visual Basic」という言語が存在します。

これは通称「VB」と言われています。

これもMicrosoft社が開発したプログラミング言語で、本格的なプログラミング言語として開発現場では使用されている言語です。

「VBA」は「VB」から生まれたプログラミング言語でいわば「VB」の簡易版のような存在です。

ExcelやWord、PowerPoint、Accessなどで日々作業している様々な作業を簡易プログラムで制御して、仕事場の作業効率の向上に貢献するために生まれたプログラミング言語なんです。

もちろんしっかり作りこめばプロ仕様のシステムを作り上げることも可能な実現性を秘めております。

しかしどちらかといえば簡単なプログラムをVBAで組んで少しでも作業効率の向上につなげようと様々な職場で使用されているケースの方が圧倒的に多いです。

VBAでどんなことができるの?

そんなVBAですが、実際にはどんなこと出来るのか気になりますよね。

これにはしっかりした回答を用意しています。

「Office製品のソフトを使った操作はすべて自動化できます。」

さらっと恐ろしいことを述べましたが、これは過言ではありません。

もちろん前提としてVBAでプログラムを組む必要はありますが、VBAのプログラムが出来上がればOffice製品のソフトは動きます。

どのように動作するかをプログラムで指示することが出来れば、本当に「作業の自動化」という状況が現実味を帯びてきます。

「じゃあ、人はもういらないの?」

という疑問が気になってくる方もいるでしょう。

確かに何から何まで自動化が出来れば、プログラムの方が作業が早いし、正確だし、休まないですから、作ってしまえば人件費削減へ貢献するケースもあるかもしれません。

しかし皆さんが日々励んでいる仕事は思った以上に複雑であり、その状況で求められる判断やイレギュラー対応も含めて、すべてをプログラムで指示を作っていくことは膨大な作業になります。

作り切ってしまえば完全なる自動化も夢ではありませんが、現実にはそうはなりません。

ほどよく人が介入してしっかり作業を管理していく姿が今の時代の理想です。

作業を定型化できるところはプログラムの処理に任せて、人の判断が必要なところは人が動く。

VBAはそんな理想を身近で再現するのに最適なプログラミング言語と言えます。

まとめ

「VBAとは」について述べてきましたが、いかがでしたでしょうか。

VBAというものがどんなものなのか何となく理解して頂けたのではないでしょうか。

VBAを使った具体的なプログラミングについては順を追ってご説明していきますが、根底にある考え方については鉄板です。

「作業を定型化できるところはプログラムの処理に任せて、人の判断が必要なところは人が動く。」

ご自身の状況の中で定型化できる仕事などがあればチャレンジできるチャンスですし、いかにして定型化につなげていくかを考える思考そのものもとても重要です。

これからVBAを学習していく方々にはそのようなアンテナを持って取り組んでいただき、習熟の度合いを高めて頂ければと思います。